ワインを飲んで楽しみながら学べる情報提供サイト

ワインの保存とサービス

ワインを育てる

ワインは瓶の中で熟成することで、しなやかな口当たりや芳醇な香りが生まれ、その魅力が高まる飲みものです。

熟成のプロセスは、完全には解明できない複雑な瓶の中での化学反応です。

熟成に関して人が手助け出来ることは、ただ環境を整え静かな時間をワインに提供するだけです。

熟成に耐える期間はワインを生むテロワールや造り方によってさまざまで、それぞれに適した熟成期間があります。

また、ワインの熟成は与えられた条件によって変化しますので、保存に適しか期間も変わります。

理想的な条件が整っていればワインはゆっくりと健全な成長を続けることができます。

ワインの適温

ワインの個性を決定するのはテロワールやぶどう品種、醸造家の技術などですが、できあかっかワインの魅力を変化させるのが保存方法や飲み方です。

さまざまなワインの個性を知れば、どんな季節にどのような場所で飲めば楽しめるかは自然に答えが見つかるでしょう。

ワインは特別な飲みものではありません。

他の飲みものや食事のメニューと同様に欲するときに、好みのワインを選ぶことができればおいしく飲むことができます。

高級な芸術的ワインがすべてのタイミングですばらしいのではなく、カジュアルで肩のこらないワインも楽しい飲みものです。

ワインのもっている魅力を充分に引き出すための重要な要素は温度です、すべてのワインは他の飲みものに比べ多くの酸味を含んでいますので、冷やす必要があります。

酸味は冷やすことで爽やかさや引き締まったおいしさになります。

赤ワインも白ワインと同様に酸味をもっていますので冷やすことが大切です。

ただし、赤ワインに含まれる渋味の成分であるタンニンぱ冷やしすぎると収斂性が強くなりますし、豊かな香りも閉じてしまいますから白ワインほど冷たくはしません。

適温は季節などの環境にもよりますが、爽快さを楽しむ白ワインは10℃以下、芳醇な白ワインや熟成した白ワインは12℃から14℃くらいが良いとされています。

赤ワインでは、フルーティーなカジュアルなものは12℃から15℃、デリケートな上質のボルドーは18℃くらいが理想的です。

白の甘ロワインはよく冷やすと甘味が軽やかに心地よく感じられフルーティーなおいしさを楽しめ、15℃前後では豊かな香りと甘味を楽しむことができます。

ワインのもっているおいしさのどの部分を際立たせたいのかによって適温は変化します。

ただし、どのようなワインでも18℃以上で最高の個性を発揮するものはありませんので、室温が適温ではありません。

赤ワインは冷やした状態から室温(約16℃)になじませ、適当な温度で楽しむとよいでしょう。

ワインの保存条件

ワインの瓶内熟成は、空気中の酸素に触れることのない状態で進めなければなりません。

ワインの栓として使われているコルクは、ワインの呼吸のためではなく、密閉するために使われているのです。

コルクは湿った状態で膨張する性格をもっているため、ワインを密閉しておくためにはワインの瓶を横に寝かせた状態を保つ必要があります。

同じ理由で、ワインのコルクを乾燥させないために、保存庫には適度な湿度が求められます。

ワインの化学反応を適度なスピードで進めるために、温度は重要です。

温度が高すぎるとワインは早く誤った方向に熟成してしまい変質してしまいます。

長期間の熟成のためには温度変化の少ない状態で13℃くらいが適していますが、一般的には15℃前後に保つのがよいでしょう。

また、直射日光や振動、音も健全な熟成を妨げますので、暗く静かで湿った涼しい環境がワインの保存に適しています。

世界のワイン

世界のワインを紹介します。

フランス産おすすめワイン

BORDEAUX WINE (ボルドーワイン)

ボルドーの地図地図の引用先:THE GUIDE TO BORDEAUX WINE(ボルドーワイン委員会 発行の冊子)より。

フランスは世界中のワイン産地がお手本にする、世界随一のワイン大国。

ボルドーワインのスタイルは、数種類のブドウ品種をアッサンブラージュ(ブレンド)して作られます。

シャトー・ド・ラマルク

その他のボルドーワインは、「フランス産おすすめワイン:ボルドー」へ・・・。

ブルゴーニュ

ブルゴーニュは、フランス中東部に南北約300kmにわたって広がる、比較的冷涼な地域で、ブルゴーニュで造られるワインは一つのブドウ品種から造られるのが特徴。

ブルゴーニュ・ルージュ・キュヴェMCMXXVI(1926)

その他のブルゴーニュワインは、「フランス産おすすめワイン:ブルゴーニュ」へ・・・。

ロワール

ロワールでは、白ワインが造られることが多く、フランスAOC白ワインの生産量第一位を誇っています。

マドモワゼル・ド・テ

その他のロワールワインは、「フランス産おすすめワイン:ロワール」へ・・・。

コート・デュ・ローヌ

コート・デュ・ローヌでは、北と南ではテロワールが異なるため、ワイン造りも違っています。

クローズ・エルミタージュ ルージュ レ・メゾニエ

その他のコート・デュ・ローヌワインは、「フランス産おすすめワイン:コート・デュ・ローヌ」へ・・・。

アルザス

アルザスでは、単一品種のブドウからワインが造られており、透明感がありみずみずしく、際立つミネラル感が絶妙です。

トリンバック・リースリング

その他のアルザスワインは、「フランス産おすすめワイン:アルザス」へ・・・。

シャンパーニュ

シャンパーニュで造られるワインで最も一般的なスタイルは3種類のブドウを使い、複数の生産年のワインをアッサンブラージュ(ブレン)ドして造られるノン・ヴィンテージです。

シャンパーニュ・キュヴェ・ド・シュヴァリエ・ブリュット
div class=”img3″>

その他のシャンパーニュは、「フランス産おすすめワイン:シャンパーニュ」へ・・・。

イタリア産ワインについて

イタリア産おすすめワイン

ドイツ産ワインについて

ドイツ産おすすめワイン

スペイン産ワインについて

スペイン産おすすめワイン

チリ産ワインについて

チリ産おすすめワイン

オーストラリア産ワインについて

オーストラリア産おすすめワイン

ニュージーランド産ワインについて

ニュージーランド産おすすめワイン

アメリカ産ワインについ

アメリカ産おすすめワイン

カナダ産ワインについて

カナダ産おすすめワイン

レバノン産ワインについて

レバノン産おすすめワイン

日本のワイン

日本産おすすめワイン

日本産おすすめワイン

ワイン通信講座

イタリアワイン通信講座

イタリアワイン通信講座