イタリアワイン通信講座~第1回

教材が届いた♪

イタリアワイン通信講座 第1回 教材

第1回目の学習テーマ

イタリアワイン通信講座、第1回目の教材は、厳重に梱包されて送られてきました。

今回の学習テーマは、「歴史、地形、文化的な視点から、イタリアワインの多様性の背景を理解する。」です。

送られてきたワインは、「トレンティーノ=アルト・アディジェ州」のワイン。

この州の場所は、以下のバナーをクリックした先の公式サイトに載っています。

  • 「アルト・アディジェ DOC スキアーヴァ ソンタレール」(赤ワイン)
  • 「アルト・アディジェ DOC ソーヴィニヨン」      (白ワイン)

テキストを読んで、飲んで、上記のテーマ、「歴史、地形、文化的な視点から、イタリアワインの多様性の背景を理解する。」を理解する構成となっています。

それと、テーマではないですが、テキストのコラムに載っていた「最適なグラスの選び方」は、テイスティング(試飲)を通じてわかりました。^^(後述)

KURTATSCH【コルタッチ】

イタリアワイン通信講座 第1回 教材

テイスティング(試飲)

教材の4つのグラスの特徴と、用途

イタリアワイン通信講座 第1回 テイスティング

初回に、教材として送られてくるSCHOTT ZWIESEL (ショット ツヴィーゼル)製グラスの形状の名称は、左から・・・、

  1. 小さめのチューリップ型
  2. 中くらいのバルーン型
  3. ブルゴーニュ型
  4. 大きめのボルドー型

①小さめのチューリップ型
特徴:ボールが小さめなので、ワインの温度が上がりにくい

用途:・すっきりとした味わいのワイン
・軽めの白ワイン
・スプマンテ(メトド・クラッシコ)

②ブルゴーニュ型
特徴:空気に触れる面積が大きく、ワインを開かせることが出来る
(熟成ワインは酸化が進みやすいのでスワリングはほどほどに)

用途:・Greatな赤ワイン
・熟成の眠りから目覚めさせたいワイン

Schott Zwiesel製グラス

SCHOTT ZWIESEL (ショット ツヴィーゼル)製グラス

③中くらいのバルーン型
特徴:ボールが広いため、華やかな香りを引き出す

用途:・華やかな香りを楽しみたいワイン
・空気を含ませて開かせたいワイン

④大きめのボルドー型
特徴:スワリングで空気を含ませることでタンニン、舌触りをまろやかにする

用途:・タンニンや果実昧がしっかりしたワイン
・熟成による厚みがあるワイン

アルト・アディジェ DOC スキアーヴァ ソンタレール2017(赤ワイン)

アルト・アディジェ DOC スキアーヴァ ソンタレールアルト・アディジェ DOC スキアーヴァ ソンタレール2017(赤ワイン)

まず、「アルト・アディジェ DOC スキアーヴァ ソンタレール2017」を試飲。

というか、4種類のグラスに分けて1本飲みまくりました。(笑)

テイスティング

先生「林 基就(はやし もとすぎ)」氏のテイスティング・ノートを基にテイスティングして、「テイスティング・ノート評価項目リスト(日本語版)」(イタリア語版もあり。)を参考にテイスティングノートにワインを飲みながら書き込んで、大変学習になりました。

テイスティング・ノート

そして、大変驚いたのが、グラスの形状によっては、飲みにくいのや、スゴク美味い!などの、味覚の違いがはっきり分かったことです。

写真の左から、形状の名称が、

Schott Zwiesel製グラス

SCHOTT ZWIESEL (ショット ツヴィーゼル)製グラス

  1. 小さめのチューリップ型
  2. 中くらいのバルーン型
  3. ブルゴーニュ型
  4. 大きめのボルドー型

と、上述しましたが、美味しさは、明らかに

  1. 中くらいのバルーン型
  2. ブルゴーニュ型
  3. 大きめのボルドー型
  4. 小さめのチューリップ型

の順でした。

このアルト・アディジェ DOC スキアーヴァ ソンタレール2017(赤ワイン)は、ステンレスタンクで発酵後、大樽で熟成させて出荷されているのですが、「小さめのチューリップ型」で飲むと、熟成感がなく、まだ飲み頃ではないのでは?と、感じました。

逆に、「中くらいのバルーン型」で飲むと、最高のパフォーマンスを発揮して、先生のテイスティング・ノートの内容通りでした♪

イタリアワイン通信講座~第2回

アルト・アディジェ DOC ソーヴィニヨン 2017(白ワイン)


Alto Adige DOC Sauvignon 2017
(アルト・アデジェDOC ソーヴィニヨン)

  • ソーヴィニヨン・ブラン100%
  • Alc12.5%

標高400~600mの粘土を含む砂利質の畑。

低温マセラシオンのあと、温度管理されたステンレスタンクにて発酵し、熟成もステンレスタンクにて行います。

<グラス選びのヒント>
・華やかな香り
・フレッシュな果実感と酸味

とテキストに書いてたので、多分、「小さめのチューリップ型」で飲むのが一番美味しいだろうなと思いながら、全てのグラスで飲んだら、やはり、「小さめのチューリップ型」で飲むのが一番美味しかったです。^^

他のグラスだと、「華やかな香り」と「フレッシュな果実感と酸味」が削がれる感じがしました。

でも、コンビニなどで売っている、ソーヴィニヨン・ブランの白ワインと比べると、月とスッポン!(笑)

メチャクチャ美味しいです。♪

林 先生のコメント:

「ソーヴィニヨンらしい華やかさが印象的。
きれいな柑橘系の香りにスーっとするハープのニュアンスを感じる。」

と、「林基就テイスティング・ノート」に書いてましたが、正にその通りでした!

『イタリアワイン通信講座』 ・ 『アマゾンワインソムリエ』