フランス産おすすめワイン:アルザス

フランス北東部にある生産地。

アルザスでは単一品種のブドウからワインが造られており、透明感がありみずみずしく、際立つミネラル感が絶妙です。

アルザス地方は歴史的・文化的にドイツに近く気候もフランスのなかでは寒くドイツと似ているため、栽培されているブドウ品種もドイツの代表品種ものが多かったり、ボトルの形もドイツと共通するところがあります。

しかしワインの仕上がりはフランスならではの辛口であったり、独自の味わいを貫いたりなどドイツとは異なっています。

また、フランスのほとんどのワインは地域名などが明記されていることが多いですが、アルザスは土壌よりも品種を重視し品種名が明記されていることが多いです。


アルザスを知るおすすめの3本

 

トリンバック・リースリング

和食にピッタリのしっかりとした辛口
トリンバックは、「最も上質の辛口リースリングを生産する数少ない生産者」と絶賛されており、リースリングは「アルザス・ワインの王」と呼ばれ、世界で最も関心を集める最も洗練された白ぶどうです。

しっかりとした酸味と豊かな果実味、そして余韻には苦味もあるので味噌や薬味を使った和食と相性が良いと言われています。
酸味:★★★☆☆ 渋味:☆☆☆☆☆ 果実味:★★★★☆
甘味:★★☆☆☆ ボディの厚さ:★★★★☆

基本データ
品種 リースニング
産地 オー・ラン県
造り手 F.E.トリンバック
ヴィンテージ 2009年
アルコール度数 13%
エッジの透明感が強いレモンイエロー
香り リースリングらしい太陽の光で焼きついたゴムのような香りから、ミネラルを感じる柑橘系の香りに
酸味はしっかりとしており、果実味豊か。余韻の苦味も特徴

リースリング・キュヴェ・ジュピター

ソフトな甘味を感じる辛口リースリング
1967年から今日に至るまでパリの「全国農産物品評会」でアルザスワインとしては最も多くメダルを獲得しているファッフェンハイム社で造られているワイン。

辛口でソフトなタイプのブドウ品種から造られており、辛口の味わいの中にも豊かな果実味の味わいを感じることができるフルーティなワインです。
酸味:★☆☆☆☆ 渋味:☆☆☆☆☆ 果実味:★★★★☆
甘味:★★★☆☆ ボディの厚さ:★★★☆☆

基本データ
品種 リースニング
産地 オー・ラン県
造り手 ファッフェンハイム
ヴィンテージ 2009年
アルコール度数 12.5%
イエロー
香り 生ゴムからハーブやビタミン、ミネラルの香りに
酸味が穏やかで果実味は厚く、フルーティでスムーズな飲み口

ドメーヌ・シュルンバジェ・ゲヴェルツトラミネール・プリンス・アベ

ライチの香りとまったりとした上品な甘さの華やかワイン
100%自社畑でつくられたブドウのみで造られたワイン。

品種の特徴であるライチの香り、まったりとした滑らかさ、上品な甘さをもつハイグレードな味わいです。

酸味:★☆☆☆☆ 渋味:☆☆☆☆☆ 果実味:★★★★☆
甘味:★★★☆☆ ボディの厚さ:★★★★☆

基本データ
品種 ゲヴェルツトラミネール
産地 オー・ラン県
造り手 ドメーヌ・シュルンバジェ
ヴィンテージ 2008年
アルコール度数 13.5%
濃いレモンイエロー
香り 甘味のあるライチの香り。軽い還元臭、タクアンの香りもある
上品な甘さが特徴。フルーティでやわらかく、まったりとした口当たり
『イタリアワイン通信講座』 ・ 『アマゾンワインソムリエ』