フランス産おすすめワイン:ロワール

フランス最長の川であるロワール川の中流・下流域で生産されるワインは赤、白、ロゼ、スパークリングとさまざまです。

そのなかでも白ワインが造られることが多く、フランスAOC白ワインの生産量第一位を誇っています。

冷涼な気候のロワールで生まれる白ワインは、ミネラル感が高く、酸味と果実味のバランスがよく、海も山も川もあるロワール地方ならではの豊富な食材との相性も抜群です。


ロワールを知るおすすめの3本

マドモワゼル・ド・テ

プイィ・フュメらしいしっかりとした味わい
シャトー・ド・トランシィは1580年から4世紀にわたってプイィ・フュメでブドウ栽培を受けて継ぐ造り手。

リュット・レゾネを導入し、醸造においてもできるだけ手をくわえずワインを造っています。

平均樹齢24年のソーヴィニヨン・ブランから造られており、限りなく酸味がピュアで、果実のエキス分が濃縮された味わいです。
酸味:★★★☆☆ 渋味:☆☆☆☆☆ 果実味:★★★☆☆
甘味:★★☆☆☆ ボディの厚さ:★★★☆☆

基本データ
品種 ソーヴィニヨン・ブラン100%
産地 プイィ・フュメ
造り手 シャトー・ド・トラシィ
ヴィンテージ 2010年
アルコール度数 13.5%
透明感のあるレモンイエロー
香り 青草、レタス、グレープフルーツのソーヴィニヨン・ブランらしい香り。ほのかに還元臭と樽の香りも感じる
やわらかい酸味とふくよかな果実味の味わい。喉ごしはスムーズで、軽い苦味を感じる余韻もきれい

ヴーヴレ・ヴィーニ・ブランシュ・レゼルヴ・プリヴェ

シュナン・ブランのエレガントな円熟味
ヴーヴレはシュナン・ブランの有名な産地。

ビオ・ロジックで造られ、凝灰岩を掘った美しく広大なカーヴで熟成されたワインは、芳しく重厚な香りと、こなれた酸味により引き出された上品な甘味を持ちます。

酸味:★★★☆☆ 渋味:☆☆☆☆☆ 果実味:★★★★☆
甘味:★★★☆☆ ボディの厚さ:★★★★★

基本データ
品種 シュナン・ブラン
産地 ヴーヴレ
造り手 マルク・ブレディフ
ヴィンテージ 2002年
アルコール度数 13%
美しい黄金色
香り 芳ばしい香りが複雑に広がる、熟成感を感じる素晴らしい重厚な香り
酸味はこなれて、果実味はしっかり。濃く重いがスムーズに入ってくる。

ミュスカデ・ド・セーヴル・エ・メーヌ・シュール・リー

軽やかな端麗辛口白ワインの代表格
「シュール・リー」とは、ロワール地方のペイ・ナンテ地区の独特な製法。

ミュスカデの白ワインは飲みやすいものが多いことで有名です。

サラダや前菜などの酸味のある料理と相性がよく、食前酒としてよく飲まれています。

酸味:★★★☆☆ 渋味:☆☆☆☆☆ 果実味:★★☆☆☆
甘味:★☆☆☆☆ ボディの厚さ:★★☆☆☆

基本データ
品種 ミュスカデ100%
産地 ミュスカデ・ド・セーヴル・エ・メーヌ
造り手 ドメーヌ・グラ・ムートン
ヴィンテージ 2009年
アルコール度数 12%
薄いイエロー
香り 石灰の香りと、キュウリやスイカのようなやや甘味を感じる青い香り
しっかりとした酸味とライトな喉ごし。フルーティで余韻に果実味が残る
『イタリアワイン通信講座』 ・ 『アマゾンワインソムリエ』