宮城県のワイン

秋保・山元・川崎、各町のワイナリーのワイン

ソムリエ宮城県のワイン栽培、製造業界は、いま、盛り上がっています!

平成27年に秋保(あきう)ワイナリー設立は、その後、宮城全体をワインカラーに染めあげるていきました。

翌年には山元町に「山元(やまもと)ワイナリー」が誕生し、平成29年には大和町に「了美 Vineyard and Winery(りょうみ ヴィンヤード・アンド・ワイナリー)」、平成30年は川崎町に「Fattoria AL FIORE(ファットリア アルフィーレ)」が完成。

「宮城のワイン」はますます広がりをみせています。

どのワイナリーも、独自の手法を大切にこつこつと研究・栽培・醸造を重ね、その地その風土のテロワールを表現しようと心を砕く情熱家ばかり。

彼らの情熱に共感する人々も増えてきました。

ぶどうが育ち、熟すとともに、宮城のワインにとっての機運も熟してきたのです。

ワインを楽しむということは、そのワインが生まれ育った環境や歴史ごと楽しむということ。

そこには、同じ風土や歴史を背景とする四季折々の食材があります。

ともに宮城に抱かれたワインと食材、その未知なるマリアージュ。

「みやぎマリアージュ推進プロジェクト」は、ここを原点に始まりました。

宮城のワインと食材のマリアージュ。

その愉しみはまだ、はじまったばかり。

訪れる季節ごとに新たに花開く、豊かなマリアージュを、皆さんも宮城県で御体験ください。

仙台秋保醸造所 マスカットベリーA 2017

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

仙台秋保醸造所 マスカットベリーA 2017
価格:2399円(税込、送料別) (2019/1/8時点)

楽天で購入

 

 

山元いちご農園 いちごワイン

山元いちご農園 いちごワイン

Fattoria AL FIORE

*記事の引用:トランヴェール2019-1月号(東北新幹線内のJR東日本発行の雑誌 P41の広告)