ニュージーランド産おすすめワイン

ニュージーランドはその冷涼な土地から「南半球のドイツ」と称され、テロワールから美しい酸味を持ったエレガントなワインを生み出しています。

 

 

 

赤ワインよりも白ワインの方が多く造られており、白ワインはシャルドネ、ソーヴィニヨン・ブラン、リースリング、ピノグリなどがありますが、中でも高い評価を受けているのがソーヴィニヨン・ブランです。

 

1980年代後半からマールボロの高品質なソーヴィニヨン・ブランが一世を風靡したことでソーヴィニヨン・ブランの人気が高まり、現在ではリースリングに代わる白ワインの主要品種になっています。

 

赤ワインの主要品種はピノ・ノワールとメルロで、他の新世界よりもフランスに近い、繊細な味わいが特徴です。


ニュージーランドを知るおすすめの3本

ネルソン・ピノ・ノワール

エレガントでジューシーなピノ・ノワール
ニュージーランドのピノ・ノワールは、ブルゴーニュの上品さ、バランスのよさと、カリフォルニアの濃い果実味とフルーティさに、さらりとした飲み口が加わった独自のスタイル。
このワインは、ニュージーランドの特徴がよく出ている模範的なピノ・ノワールの味わい。
酸味:★★☆☆☆ 渋味:★★☆☆☆ 果実味:★★★★☆
甘味:★★☆☆☆ ボディの厚さ:★★★☆☆

基本データ
品種 ピノ・ノワール100%
産地 ネルソン
造り手 リッチモンド・プレインズ
ヴィンテージ 2011年
アルコール度数 13.5%
明るいきれいなルビー色
香り 樽が効いていて、焦がしたクランベリージャムの香り
豊かな果実味がバランス良くまとまったスムーズな飲み口

モートン・エステート・ブラックベル・ホークスベイ・メルロ

果実味豊かでエレガントなメルロの味わい
モートン・エステートは安定した品質のワインを幅広い価格帯で揃える造り手。
ニュージーランドのメルロの特徴は、新世界らしい果実味の厚さを出しつつ、ボルドーのように上品な酸味も併せもつこと。
このワインにはその特徴がよくでています。
酸味:★★★★☆ 渋味:★★★★★ 果実味:★★★★★
甘味:★★★☆☆ ボディの厚さ:★★★★★

基本データ
品種 メルロ100%
産地 ホークス・ベイ
造り手 モートン・エステート
ヴィンテージ 2005年
アルコール度数 13.5%
透明色の強い美しく濃いルビー色
香り 青ピーマンの香りから、グラスを回すとスパイス、土っぽい香りに
酸味、渋味が突出し、果実味はもっと突出したフルボディ

ドッグ・ポイント・ヴィンヤード

ニュージーランドを代表する華やかでリッチな味わい
ドッグ・ポイント・ヴィンヤードは、オーガニック農法を取り入れ、ソーヴィニヨン・ブランの名産地、マールボロのテノワールを生かしたワインを造る優良なワイナリー。
ニュージーランドらしい華やかな香りとリッチな味わいをスムーズに楽しめます。
酸味:★★★☆☆ 渋味:★☆☆☆☆ 果実味:★★★☆☆
甘味:★★☆☆☆ ボディの厚さ:★★★★☆

基本データ
品種 ソーヴィニヨン・ブラン
産地 マールボロ
造り手 ドッグ・ポイント・ヴィンヤード
ヴィンテージ 2010年
アルコール度数 13.5%
緑がかったレモンイエロー
香り グレープフルーツの皮、樽の木の香りからフルーツの香りが華やかに広がる
酸味、果実味が強くしっかりしたボディで余韻が長いが、やわらかさもある
『イタリアワイン通信講座』 ・ 『アマゾンワインソムリエ』