ロゼワインは、白ワインと赤ワインを混ぜているのですか?

ロゼワインがピンク色(バラ色)なのは、赤ワインをつくる黒ぶどうを使うからです。

ロゼワインの製法はいくつかあるのですが、主流の製法は、赤ワイン同様に黒ぶどうを使い、ぶどうの果汁、皮、種を一緒に発酵させる製法です。(マセレーション法=マセラシオン法)

赤ワインの赤色は使用する黒ブドウの皮の色素に由来、皮ごと発酵させるため赤くなります。

発酵液がバラ色になったら、皮や種を取り除き、さらに発酵を続けてワインになります。

一方、セニエ法(血抜き法)は、赤ワインの凝縮感を高めるため、発酵開始後に果汁の一部を抜き取る手法で、抜き取った果汁を原料とします。

ヨーロッパのワインに関する法律では、シャンパーニュをのぞき白ワインと赤ワインを混合することを禁止しているなど、基本混ぜません。

一方白ワインは色素の少ない白ブドウを使用、ジュースのみで発酵させるため色がつきにくいのです。

ちなみにロゼワインの多くは黒ブドウを使用。

製造工程で皮とジュースの接触が赤ワインより少ない結果、ピンク色となります。