ワイングラスのスマートな持ち方は?

グラスの正しい持ち方は、ふた通りの考え方があります。

テイスティングの所作に倣って、日本ではステム(脚)を持つことが良しとされがちですが、実は国際的にはワインが溜まるボウル部分を持つのがポピュラーです。

場をみて判断し、臨機応変に対応したいもの。

ステム(脚)を持つことで、ワインの温度が上がりやすくなるのを避けることができますし、逆に赤ワインは冷えすぎてる場合には、味が落ちますので、ボウル部分を手で持つ事で温度を上げるという考え方も有ります。

ステム(脚)を持つことは、パーティーなどで、ワインをこぼさないように安定して持つための持ち方ともいえます。

巨大なワイングラスだとボウルをつかむ事が物理的に出来なかったりなんてこともありますので、あまりこだわりすぎなくて良いでしょう。

迷ったら、安定して持てる方を優先しましょう。

ワインを真剣に味わうテイスティングの時やレストランなどではステム(脚)を持つ持ち方を、そしてカジュアルな場や大人数のパーティーなどではボウルをつかむ持ち方をという感じで使い分けすれば良いと思います。

また注いでもらう時は、グラスは置いたままで。

乾杯シーンでは、ワイングラスはデリケートで割れやすいので合わせることは避け、顔の前に持ち上げるようにしましょう。