魚は白ワイン、肉は赤ワインって定説?

さっぱりした料理には白、こってりした料理には赤と置き換えましょう。

基本的には間違っていませんが、魚といっても白身もあれば赤身もあるし、肉といっても鳥肉と牛肉ではずいぶん味わいも違います。

魚料理はさっぱりした料理の代表で、爽やかな飲み□の多い白ワインと相性が良いから「魚は白ワイン」と言われています。。

一方で渋みがあって重口タイプの赤ワインなら、こってりした料理でないとワインに負けてしまいます。

肉料理にこってりしたものが多いので赤ワインと合わせやすいのですが、塩胡椒のみで焼いた鶏肉などはさっぱりしていて白ワインの方が合うことも。

料理の味の濃淡を考えて、相性の良いワインを選ぶようにしましょう。