サバとアンチョビのトマトソース

フライパン一つでできるごちそうレシピ

サバとアンチョビのトマトソース
サバとアンチョビのトマトソース」のレシピを紹介します。

 

サバといえば塩焼きか味噌煮が定番ですが、トマトソースとの相性も抜群です。

 

トマトソースを使った料理には、ワインが合いますね♪

 

特に赤ワインが合うと思いますが、品種によっては白ワインも合って、逆に赤ワインが合わない場合もあるでしょう。

 

また、ブドウの品種のブレンドにもよって合う合わないもありますが、これは、「サバとアンチョビのトマトソース」だけでなく、他のどの料理にも見受けられます。

 

「サバとアンチョビのトマトソース」は、アンチョビを加えると、味により深みが出ます。

 

【材料】(2人分)

  • サバ(切り身)・‥2切れ(中骨をとる)
  • 塩、こしょう…各適量
  • 小麦粉…少々
  • オリーブオイル…大さじ1
  • アンチョビ…2枚
  • 万能ねぎ…少々(斜めに切る)
  • 〈トマトソース〉
  • トマト…中1個(湯むきして、1~1.5cm角切り)
  • トマトジュース(無糖)…60グラム
  • 赤唐辛子…1/2本
  • にんにく…1片(みじん切り)
  • 玉ねぎ…20g(みじん切り)
  • しょうが…1片(みじん切り)
  • オリーブオイル…大さじ2
  • 塩、こしょう…各適量

【作り方】

① まず、サバを焼く。

 

サバに塩、こしょうし、小麦粉を軽くまぶしつける。

 

フライパンにオリーブオイルを熱し、サバを皮目から焼く。

 

皮がパリッとなったら返し、両面に焼き色をつけ、別皿に移しておく。

 

②トマトソースを作る。

 

① のフライパンにオリーブオイル、赤唐辛子、にんにくを入れて熟し、香りが出てきたら、玉ねぎ、しようがを加えて炒め、トマトジュース、トマトを加えて沸かす。
塩、こしょうで下味をつける。

 

③トマトソースを煮詰める。

 

① のサバを②に入れ、サバの上にアンチョビをのせて、ソースを1/2量まで煮詰める。

 

塩、こしょう(各分量外)で味を調える。

 

④ 皿に、③ のソースをしき、サバを盛る。

 

万能ねぎを飾る。

 

ここがポイント

玉ねぎ、しょうがの香りが立ったら、トマトジュースとトマトを加える。

引用先

上記のレシピは、2018年10月12日(金)発刊の「朝日新聞」朝刊の広告から引用して書き直しました。

三國清三シェフ監修です。

1985年、東京・四ツ谷に「オテル・ドゥ・ミクニ」を開店、現在に至る。

食育活動にも尽力。

 

『おうちフレンチ 一流に教わる基本のレシピ 』(おうちシリーズ) 出版社: ナツメ社 (2017/10/16)

 

ワインにぴったり!おうちでできる、お手軽フレンチ 川上文代のビストロレシピ100も参考になりますよ♪

『イタリアワイン通信講座』 ・ 『アマゾンワインソムリエ』