コートのワイン(Vins De Cotes)

ボルドーには丘という意味を持つコートとつくAOCが、ドルドーニュ河の右岸とガロンヌ河の右岸に点在します。

vins-de-cotes

土壌は似ていて、丘陵頂上の粘土石灰質、低い斜面のより粘土質の多い土壌と、一部の砂礫質の土壌です。

南または南東を向いた日当たりの良い斜面を利用してぶどがか栽培されていて、大きな面積はありませんが、赤ワインを中心に特有の個性をもつワインが作られています。

グラーヴとガロンヌ河を挟んだ対岸のコート・ド・ボルドー・カディヤックの赤は、鮮やかな色調と際立ったコク、繊細さが特徴です。

メドックの対岸でジロンド河を挟むコート・ド・プールは、土壌が多様なため生産者によって個性が違いますが、強いタンニンや香りの豊かさが特徴です。

コート・ド・ボルドー・ブライの赤はなめらかで果実株が豊かです。

一方、コート・ド・ボルドーブライの辛口の白は、色が淡く、繊細で心地よいワインです。

コート・ド・ボルドー・フランのワインは、コクがあり豊かで、繊細さも伴ったワインで、隣のボルドーの最東に位置するコート・ド・ボルドー・カスティヨンに似ています。

コートのワインは手頃な価格のものが多くありますが、品質は高く、若いうちから楽しめ、コスト・パフォーマンスの良いワインとして知られています。

生産量の少ないぶどう園が多く著名なシャトーが少ないだけに、自分だけのお気に入りワインを見つけることができます。

「(コート(Cotes)」と名のつく4つのAOC、すなわち、プルミエール・コート・ド・ブライ、プルミエール・コート・ド・ボルドー、コート・ド・カスティヨン、ボルドー・コート・ド・フランは、赤ワインと辛口白ワインに限り、共通のアペラシオン「AOCコート・ド・ボルドー」に統合されました。(*2009年統合)

また、より生産地区が限定された畑のぶどうから、より厳しい生産基準に則して生産されるワインには、「コート・ド・ボルドー + コミューン名(村名)(例:Castillon)」を併記することが認められています(ミューン名は前に付けても後に付けてもよい)。

また、甘口白に関しては現行のアペラシオンが維持されます。

アペラシオン(AOC)

コート・ド・ボルドーCotes de Bordeaux(赤)
コート・ド・ボルドー・カスティヨンCotes de Bordeaux Castillon(赤)
コート・ド・ボルドー・フランCotes de Bordeaux Francs(赤・辛口白・半甘口白)
コート・ド・ボルドー・カディヤックCotes de Bordeaux Cadillac(赤)
コート・ド・プールCotes de Bourg(赤・辛口白)
コート・ド・ボルドー・ブライCotes de Bordeaux Blaye(赤・辛口白)
ブライBlaye(赤)
グラーヴ・ド・ヴェイルGraves・de・vayre(赤・辛口白)

『イタリアワイン通信講座』 ・ 『アマゾンワインソムリエ』