ワイン飲酒での二日酔い予防対策法

【医学博士監修】特許取得成分配合・飲み過ぎ対策サプリ【エカス ekas】

経口補水液

ワインの二日酔い対策として、「経口補水液」がオススメです。

ま、ワインだけではなくお酒全般に効きますが・・・。

その証拠に、大手企業の味の素が、「二日酔い対策にも良い。」との看板を掲げ、アクアソリタという水分と電解質(ナトリウム、カリウム、塩素等)を手軽に補給できる経口補水液を販売しています。

なぜ「経口補水液」が二日酔いの予防に効くの?

まずは、「二日酔い」の基本的なメカニズムを説明します。

二日酔いは肝臓でアルコールを分解する際に発生するアセトアルデヒドという成分が原因となり引き起こされます。

ワインに入っているアルコールの分解には体内水分を消費しますのが、アルコールには利尿作用があり、体内の水分が失われやすいのです。

ですから、身体が水分不足(脱水)状態だと、二日酔いの原因の成分であるアセトアルデヒドを尿から速やかに排出することができません。

そして、水分量が足りないと十分にアルコールが分解されず、頭痛や吐き気などの不快感が翌日に残ってしまって、二日酔いとなるのです。

このため、飲酒時、飲酒後の水分補給は大変重要なのです。

ワインを飲んでる時の脱水状態を防ぐには

ワインを飲酒した後の二日酔いを防ぐには水分の摂取が重要ですが、「電解質も一緒に摂取しなければならない」のです。

その理由は、水だけを摂取すると体内の電解質の濃度が薄まり、濃度を戻すため尿として水を排出しようとする作用が働くからです。

結果的に摂取した水がアルコールの分解に十分に機能しない可能性があります。

そこで経口補水液の出番です。

経口補水液の特徴

  • 経口補水液はナトリウムイオンやカリウムイオンなどの電解質が含まれています。
  • 人間の体内にある水分に成分バランスが近く、体内への吸収率にも優れています。
  • 一般的なスポーツドリンクと比べて糖質の量も少ないです。
脱水状態を防ぐ料理、飲み物

ワインを飲んでいるときの合間に水を飲み、併せて電解質を含むおつまみ(もろきゅう、枝豆の塩茹で、トマトサラダ等)を食べると良いでしょう。

飲み会の締めで、味噌汁を飲むことも有効です。

経口補水液は、ワインを飲んだ当日の寝る前や起床時に、脱水気味だと感じたら飲むことがおすすめです。

「今日は少し飲み過ぎたな。」と、毎日悩んでいる(笑)、ワイン好きな人こそ、常に数本は冷蔵庫にストックがあると安心なのが、「経口補水液」なのです。

■上記の文章の参考資料

*PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です

Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。(別ウィンドウで開きます。)

【医学博士監修】特許取得成分配合・飲み過ぎ対策サプリ【エカス ekas】

『イタリアワイン通信講座』 ・ 『アマゾンワインソムリエ』