ワイン Q&A

ワインの「今さら聞けない」&「知っておきたい」をまとめました♪

日本ワインと国産ワインの違いは?

使用するブドウが日本育ちなのが、“日本ワイン”です。

一見同じ意味だと思いがちですが、日本ワインは日本国内で育てられ、収穫されたブドウのみを原料としたもの。

国産ワイン、厳密には「国内製造ワイン」は、原料の国籍は問わず国内で醸造されたワインで、「日本ワイン」もこの中に含まれます。

Back To Top

日本で初めて ワインが造られたのはどこ?

「ヌーヴォー」ってどんなワインですか?

その年収穫したブドウから醸した新酒です。

夏から秋に収穫したブドウのみからまっこ、できたでほやほやのフレッシュなワインを指します。

ワインの「ヌーヴォー(NOUVEAU)」とはフランス語で「新しい」という意味です。

ワイン業界では「当年産のワイン」を表し、その年に収穫したぶどうを醸造した新酒ワインのことです。

フランスのボージョーレーヌーヴォーが有名で、その解禁日は、例年11月の第3木曜日です。

ボージョーレーヌーヴォーもそうですが、「ヌーヴォー(NOUVEAU)」は、熟成されていないため、ワイン本来の深みのある風味はみられませんが、新鮮なぶどう果実のフルーティーな風味に富み、格別な爽やかさがあり、世界の人々に楽しまれています。

Back To Top

ワイナリーなどで、おすすめの試飲の順番ってありますか?

白から赤の順が基本です。

口の中にタンニン由来の渋味などが残ってしまうと、次に飲むワインの味が分かりづらいので、タンニンが極めて少ない白ワインから赤ワインの順番で。

それぞれの中では、軽口タイプから重□タイプヘの順で味わいましょう。

Back To Top

ロゼワインは、白ワインと赤ワインを混ぜているのですか?

ロゼワインがピンク色(バラ色)なのは、赤ワインをつくる黒ぶどうを使うからです。

ロゼワインの製法はいくつかあるのですが、主流の製法は、赤ワイン同様に黒ぶどうを使い、ぶどうの果汁、皮、種を一緒に発酵させる製法です。(マセレーション法=マセラシオン法)

赤ワインの赤色は使用する黒ブドウの皮の色素に由来、皮ごと発酵させるため赤くなります。

発酵液がバラ色になったら、皮や種を取り除き、さらに発酵を続けてワインになります。

一方、セニエ法(血抜き法)は、赤ワインの凝縮感を高めるため、発酵開始後に果汁の一部を抜き取る手法で、抜き取った果汁を原料とします。

ヨーロッパのワインに関する法律では、シャンパーニュをのぞき白ワインと赤ワインを混合することを禁止しているなど、基本混ぜません。

一方白ワインは色素の少ない白ブドウを使用、ジュースのみで発酵させるため色がつきにくいのです。

ちなみにロゼワインの多くは黒ブドウを使用。

製造工程で皮とジュースの接触が赤ワインより少ない結果、ピンク色となります。

Back To Top

スクリューキャップは安物ワイン?

最近は高級ワインにも、スクリューキャップが増えています。

コルクと比べて扱いが簡単な分、安物ワイン専用と思われがちなスクリューキャップ。

しかし劣化による空気の混入がコルクに比べて少ないことや、しっかり長期熟成することも分かってきました。

オーストラリアニュージーランドのワインで普及したスクリューキャップですが、近年フランスイタリアなどの高級ワインにも採用され始めているのです。

Back To Top

ワイングラスのスマートな持ち方は?

グラスの正しい持ち方は、ふた通りの考え方があります。

テイスティングの所作に倣って、日本ではステム(脚)を持つことが良しとされがちですが、実は国際的にはワインが溜まるボウル部分を持つのがポピュラーです。

場をみて判断し、臨機応変に対応したいもの。

ステム(脚)を持つことで、ワインの温度が上がりやすくなるのを避けることができますし、逆に赤ワインは冷えすぎてる場合には、味が落ちますので、ボウル部分を手で持つ事で温度を上げるという考え方も有ります。

ステム(脚)を持つことは、パーティーなどで、ワインをこぼさないように安定して持つための持ち方ともいえます。

巨大なワイングラスだとボウルをつかむ事が物理的に出来なかったりなんてこともありますので、あまりこだわりすぎなくて良いでしょう。

迷ったら、安定して持てる方を優先しましょう。

ワインを真剣に味わうテイスティングの時やレストランなどではステム(脚)を持つ持ち方を、そしてカジュアルな場や大人数のパーティーなどではボウルをつかむ持ち方をという感じで使い分けすれば良いと思います。

また注いでもらう時は、グラスは置いたままで。

乾杯シーンでは、ワイングラスはデリケートで割れやすいので合わせることは避け、顔の前に持ち上げるようにしましょう。

Back To Top

ワイングラスを回す方向って決まってるの?

自分の体の中心に向かって・・・がマナー。

ワインの香りをより楽しむために、グラスを回すことを「スワリング」と呼びます。

仮に手元が狂って、うっかりワインがグラスから飛び出したとしてもとしても相手にかからないように、自分に向けて回すのがマナーです。

右利きの人は反時計回り、左利きの人は時計回りって覚えておきましょう。

Back To Top

魚は白ワイン、肉は赤ワインって定説?

さっぱりした料理には白、こってりした料理には赤と置き換えましょう。

基本的には間違っていませんが、魚といっても白身もあれば赤身もあるし、肉といっても鳥肉と牛肉ではずいぶん味わいも違います。

魚料理はさっぱりした料理の代表で、爽やかな飲み□の多い白ワインと相性が良いから「魚は白ワイン」と言われています。。

一方で渋みがあって重口タイプの赤ワインなら、こってりした料理でないとワインに負けてしまいます。

肉料理にこってりしたものが多いので赤ワインと合わせやすいのですが、塩胡椒のみで焼いた鶏肉などはさっぱりしていて白ワインの方が合うことも。

料理の味の濃淡を考えて、相性の良いワインを選ぶようにしましょう。

Back To Top